ミナミエリアの風俗の特徴

大阪のもう一つの歓楽街エリアと言えば、大阪ミナミ。南海電車、近鉄電車、阪神電車、御堂筋線、千日前線と大阪、兵庫、奈良、和歌山の近畿4県つなぐハブ駅の難波駅。その周辺の日本橋駅、心斎橋駅周辺、その他千日前、道頓堀、島之内といった地域に広がる繁華街の総称である。大阪市の中心業務地区である船場の南側に位置することから、ミナミと呼ばれている。通りで表すと、道頓堀通り、心斎橋筋及び戎橋筋を中心として、東は堺筋、北は長堀通り、南は南海難波駅、西は西横堀川に囲まれた地域を指す。

ミナミエリアには、大阪の顔とも呼べる名物スポットが集中しているエリアでもある。まずは吉本新喜劇でおなじみ、「なんばグランド花月」。「かに道楽」の蟹オブジェに「くいだおれ人形」。「グリコの看板」がそびえ立つ、ひっかけ橋こと「戎橋」は、阪神タイガースが優勝すると道頓堀に飛び込む橋として全国的に有名だ。また、「アメリカ村」や「三角公園」など、大阪の若者文化の象徴と言えるスポットも存在する。

大阪のナイトレジャーエリアの代表格、宗右衛門町・道頓堀もミナミエリアだ。クラブ、パブ、バーにスナック、キャバクラ、ホスト、風俗、外国人エステまで、大人の遊びの全てがここに集まっていると言っても過言ではない。風俗で言えば、過去には箱ヘルも多く存在したこのエリアだが、今はホテヘルがメインとなっており、風俗案内所やキャッチがひしめくエリアでもある。少し南に足を伸ばし、御堂筋と千日前筋の交差点付近、歌舞伎座の裏辺りに足を運べば今なお箱ヘルも数店営業中。老舗で質の高い箱ヘルを堪能できる。

過去に大阪で一世を風靡したマンションヘルス発祥の地である大国町が近い事もあり、大阪のディープな夜を楽しむには最高のエリアだ。